天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2011)

12年ぶりの新作として話題となった「新しいバカドリル」上下巻(2008年刊)の文庫シリーズの4巻、文庫化シリーズがついに完結!今回は「mixiニュース」で連載したものも収録。パーティで相手の名前がわからなかったときや、どうしてもタクシーがつかまらないときなど、いざというときに役立つネタが満載

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2010)

12年ぶりの描き下ろしとして衝撃を与えた「新しいバカドリル」の文庫化第2弾!今回は、文庫サイズに笑いを凝縮した10ネタ収録!たとえば。「おならに歌詞をつけよう」「カブトムシのメスをオスにしよう」「ホレ薬をつくろう」「ペニスケースをつくろう」など、子どもなら誰しも経験がある課題を集めた「夏休みの自由工作」。一休さんの究極のパロディ「一体さん」では、
旧衛門さんや吉兆屋さん、ママ上様などが登場して、とんちで難問を解決します。「教科書に載っていない歴史」では、「魚類憐れみの令」「大塩平八郎の夢」などを解説。「偉人解剖図」では、織田信長、聖徳太子、西郷隆盛を徹底解剖

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2010)

12年ぶりの新作として話題となった、サブカルチャーのバイブル「新しいバカドリル」がお手ごろ価格で待望の文庫化。文明の利器を手際よく破壊するコツをまとめた「台無しレシピ」、未来からやってきたシュールロボット「ダダえもん」など厳選10ネタを収録

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2008)

バカドリル、11年ぶりに復活!130代読者には懐かしいバカドリル節全開のパロディをはじめ、あらゆるギャグの方法論を駆使し、ときにはアートの領域まで侵犯する本作は、次世代の読者にも新鮮な驚きを与えるに違いありません。前作の衝撃を軽々と上回る最新ギャグの見本市! 奇才と鬼才が満を持して提示する「新しい笑い」!

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (2006)

サブカルチャーのベストセラー、バカドリルシリーズのPB版第二弾。カバーの可愛らしいキャットたちも、ページをめくると目に飛び込んでくる鮮烈なイエローも、中川くんと川原くんのカラーマンガもPB版ならでは

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (2002)

現代ギャグマンガの頂点!! 新編集で待望の文庫化。扶桑社サブカルチャーの至宝「バカドリル」シリーズ唯一のコミックが、待望の文庫化です。オリジナルのコミック9話に加え、シリーズのほかの本に収められていた「モチツキ」や「メガネくん」「部長」を加えた完全版です。しかも、カラーバージョンのものも満載です

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (1999/3)

「バカドリル・レーベル」の新刊が1年ぶりに登場。先輩に気に入られるという任務のために星々を転々とする「後輩宇宙人ウィッス!」や、つげ義春もびっくりの切なく報われない日々を送る「無能のサンタくん」などお馴染みのネタの数々。さらに描き下ろし「サバイバル入門」がなんと60ページも!「サバイバルオシャレ講座」「いろいろな火の起こし方」などの6つのテーマを通じて、IT社会に安住しているキミたちに一石を投じる問題作!『バカドリル頭痛』の姉妹編。

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (1995)

説明不能のギャグマンガ単行本

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (1994)

パルコのフリーペーパー「GOMES」から生まれたバカドリル。体重計の乗り方、湯かげんのみかた、カレンダーのめくり方、めがねのかけ方、ごはんの盛り方、ダイエットの仕方、ハミガキの歯ブラシへののせ方等々

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2010)

12年ぶりの描き下ろしとして衝撃を与えた「新しいバカドリル」の文庫化第3弾!今回は、オトナの基礎知識を中心に文庫サイズに笑いを凝縮した「ゴリラ」に続く第3弾!オトナ仕様の全7ネタを収録

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2010)

2000万人会員「ミクシィ」の超人気連載「バカドリル」が
待望の単行本化! 「間違った娘さんのもらい方」「嫌な上司に頭の中で復讐」「地上に舞い降りた天使たち」などの必笑ネタから、 「羅生門」「走れメロス」などの文学作品のロゴを勝手に制作してしまう「マンガ風文学ロゴ」まで... 新しいかたちの笑いを税込1155円で344ページぎっしり詰めました!

新しいバカドリル

ボックスセット

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2008)

「新しいバカドリル」はタナカカツキ、天久聖一コンビによるオール描き下ろし、しかも上下巻二冊同時発売です。しかも、大人買い仕様「ボックスセット」も特別にご用意しました!

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

ポプラ社 (2008)

バカドリル、11年ぶりに復活!1994年の発売以来(その後の続編も含め)ロングセラーを続け、現在のお笑いサブカルシーンに多大な影響を与えた名著「バカドリル」シリーズが、ついに「新しいバカドリル」として復活します!「新しいバカドリル」はタナカカツキ、天久聖一コンビによるオール描き下ろし、しかも上下巻二冊同時発売です(大人買い仕様「ボックスセット」も同時売!)。

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (2006)

現代ギャグのバイブル「バカドリル」がオリジナルのまま、定価500円でリリース!「体重計の乗り方」「湯かげんのみ方」「カレンダーのめくり方」「ガンダーラの振り付け」……伝説のネタが満載です。しかも、文庫版(「いくよ」と「くるよ」)とちがって、デザインはオリジナルのまま。もちろん、巻末コミックの「部長」も収録。「サークルの部室に常備されていた」「クラスで回し読みした」「書店の立ち読みで読破した」という方々も、今回はぜひ買って自宅のトイレに常備を!

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (2000/6)

「バカドリル・レーベル」の新刊が1年ぶりに登場。先輩に気に入られるという任務のために星々を転々とする「後輩宇宙人ウィッス!」や、つげ義春もびっくりの切なく報われない日々を送る「無能のサンタくん」などお馴染みのネタの数々。さらに描き下ろし「サバイバル入門」がなんと60ページも!「サバイバルオシャレ講座」「いろいろな火の起こし方」などの6つのテーマを通じて、IT社会に安住しているキミたちに一石を投じる問題作!『バカドリル頭痛』の姉妹編

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (1997)

さわやかな新しい笑いを人々にもたらしたバカドリル。ごはんの盛り方、嗅ぎ方、ダイエットの仕方、子供の育て方など、これまでまったく気がつかなかった、新しい家庭の作り方ほか、役に立つギャグが満載

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (1997)

体重計ののり方、カレンダーのめくり方、メガネのかけ方など、「バカドリル」文庫版

天久 聖一 ・タナカカツキ 共著

扶桑社 (1997)

「もしもピアノが弾けたなら」完全振付マスター、まちがった一本足打法、ウィッス君の仲間たち、様々なダシのとり方等々